NRFミュージックとは?

音楽はアートであり、プロにとっては食うための手段でもあります。音楽のマネタイズの話となるとアーティストによっては眉をひそめる方もいるかもしれません。音楽はユーザあっての存在であり、空気の様に必要としてる人もいればそうで無い人もいます。

かといって無くても命には別状はありません。音楽が衣食住では無く、カルチャーだからです。食もこだわれば食文化となり、ファッションも住居もそうです。突き詰めれば文化的な行為であり、音楽もまたひとつです。

カルチャーをビジネスにするのはなかなか難しいことです。音楽をビジネスにするならプロになれば良いのですがプロにはプロの厳しい状況があります。プロは音楽産業の中に取り込まれた前提で価値がなければなりません。アマチュアとの状況の違いが極端です。

多くのアマチュアミュージシャンがメジャーデビューを希望して東京に向かいます。テレビに出ているミュージシャンだけで無く、数多くのプロミュージシャンが存在します。しかし、一般的に知られるのはその中で「アーティスト」と呼ばれる人々だけです。

私が創りあげたいのは音楽が好きな人が今までに無いカタチで音楽に携われることです。聴くのが好きな人、演奏するのが好きな人、歌うのが好きな人それぞれにやりがいをもって音楽と生活の中で関わっていけるようにしたいのです。

  • 新しい音楽流通のシンジケートづくり
  • インターネットを活用した従来に無いアーティストのプロモーション
  • 音楽ビジネスの企画・制作

以上、私がやりたいことをわかりやすくまとめておきました。これを読んだだけではわからないかも知れませんがご挨拶に代えて頂きます。もっと詳しいことを知りたい方、プロ、アマ問わず、ミュージシャン、アーティスト、リスナー、音楽をビジネスにしたい方等、メールマガジンにご登録下さい。

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャン応援へ にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャン応援へ クリックで救えるブログがある

松田春人(N.R.F)プロフィール
松田春人国内屈指のデジタルDJ研究家として音楽に関するインフォメーションプロダクト「DJ教則本」「ミックスCDの作り方」をリリースし、インディーズ音楽コミュニティで上位ランキングに何曲も食い込ませ、音楽ファンやミュージシャンからの認知度が高い松田春人は2000年代初旬に東京でベンチャー企業の立ち上げに一年限定で参加した後、2000年中盤からは日本各地と米国を行き来しながらブログをいち早く利用したコンテンツを運営し、年間1000万円を叩きだした元祖ノマドワーカーとしても知られる。WEBプロデュース業である彼はプログラムからコンテンツ、映像、音楽に至るまで一人で賄ってしまうという特異なマルチタレント。

NRFメールマガジン登録

Comments are closed.